仕事紹介~部長(各部署の責任者)

①割付(記事配置)の決定、記事の最終確定
弊社の編集部門は、5部署体制ですが、部長は、それぞれの部署に1人ずつ(原則)配置されます。
部長は、その部署の責任者です。所属部員の記事の赤入れ(文章の修正など)、取材がある場合はその手伝い(取材は基本、記事担当者が行う)、広告部であれば広告主様から頂いた広告のチェックをします。発行直前には、記事に誤りがないか、最後まで何度も確認します。記事の確定まで、何度も何度も見直しをするのも、部長の仕事の重要なところ。誤字脱字がなくなるまで、細かく地道な作業が求められます。

②各部署の部員管理
部長は、その部署に所属する部員とコミュニケーションを適度にとり、モチベーションの維持に務めます。
また、締切の前は、記事の進捗状況を細かく把握して、正確にそれを編集長へ伝えます。

③企画作成でリーダーシップを発揮
学内部長・スポーツ部長は、次の号で取り上げる企画を考え、「ためになる情報」は何か、自分で考えることができます。社会部長・生活文化部長は、所属部員が生み出した企画から、どれを紙面で取り上げるのが適切か、決める権限があります。
(代ごとの編集長によりますが)比較的、記事企画決定には裁量が与えられるため、自由な発想を生かすことができます。